待ち合わせでも節約しよう

日々の無駄使いも積って行けばバカになりませんよね。 しかし、少しの知恵と工夫で、お金が足りない人でも快適な毎日を過ごす事ができます。 例 例えば、待ち合わせは喫茶店とかで待ち合わせしていませんか? 安いスタバを利用したとしても どうしても300円はかかりますし、しかも混雑しています。 待ち合わせはホテルのロビーを利用すればお金をかけずに済みます。 この癖をつければ年間で5万円程度は節約できるのではないでしょうか? もちろんクルマを購入する時も を要求するのは当然の行為です。 また、クルマ関連では、新車にすることで安くあげることも大切です。

タバコとお酒

酒を飲まない、タバコを吸わない人は、酒とタバコをやる人より人生で考えると2500万円も節約できます。 酒・タバコの間接税は凄いと言えます。 しかし、一度はタバコとお酒の間接税を計算して見ましょう。 はじめに、酒税から計算してみましょう。

タバコの税金は 約63%です。 1箱 400円のタバコですと 252円が税金です。一日1箱、人生で60年間吸うとすれば、 税金だけで 550万円です。 もちろん本体価格もありますから、タバコを購入するとすごいお金が掛かるわけです。 財布に厳しいというのは当然ですが、体にも有害なのです。

冷蔵庫の電気代

冷蔵庫は1日も休まずに動いています。 ですから、電気代も大きいわけで節約のし甲斐があります。 一番大きいのが、ドアの開閉になります。素早く開閉するのはいうまでもないでしょう。 1回の開閉時間を20秒から10秒にすると電気代が年間で200円程度節約できます。 冷蔵庫の庫内はきちんと整理して、冷気の流れをよくしましょう。 ぎっちり詰め込むと冷えが悪くて効率も低下して、電気代がかさんでいき、結局は無駄となっていくのです。 冷蔵庫の中はスッキリが基本ですね。

かつらは高い

頭の毛が薄くなってハゲになるとかつらをかぶる人が多いです。 またこのかつらは50万円もします。そうならないためにも育毛ケアが重要です。 結局はその方がお金の節約にもなります。抜け毛予防シャンプー

お金を貯める